ダイエットにおすすめ!おいしい低糖質チョコ【アイハーブ】

ダイエット中でも食べられる、糖質オフで低カロリーなチョコレートをアイハーブでゲットしたのでレビューしてみます。

出典:http://powercrunch.com/products/energy-bars/choklat/





今回はプロテインバーの中でも、ちょっと変わった

チョコレートバータイプの商品を試してみました。

前回、ミルクチョコレートを食べたのですが、

今回はダークチョコレートバーレビューします。

出典:http://powercrunch.com/products/energy-bars/choklat/

こちら、パワークランチチョコラット(Choklat)バーという商品。

箱はこんな感じです。

ひと箱12本入りで2200円位でした。(2017.9時点)

一つ一つ個包装になっています。

パッケージは箱と同じ。

早速~袋を開けてみます!

中身はちょっと不思議な形で6個に割れるようになっています。

見えにくいですが、ロゴが刻印?されています。

中にクランチが入っているのがうっすらと見えます。

(冷凍庫で冷やしていたのでちょっと白くなっちゃってます)

手に持つと、こんな感じ。

結構大きめで、厚さは5mmくらいです。

では、早速いただきます♪






(´~`)モグモグ

クランチがたっぷりで、めっちゃザクザク食感!

味は、普通においしいチョコです。

甘さ控えめなダークチョコレートの味。

口どけはまあまあで、輸入品のチョコという感じですが、

人工甘味料入りのチョコや駄菓子の外国製のチョコよりは

断然おいしいと思います。

歯ごたえが絶妙なアクセントになっていて、

食べごたえがあります。

クランチはかなり多く入っています。

すっごくザクザクでおいしいです。

かなり食が進みます。

ということであっという間に完食!

ごちそうさまでしたー!!

パワークランチチョコのカロリーや糖質など

1枚あたりの数値です。()内は6等分したときの1かけ分です。

1枚あたり(1かけ1/6枚):43g(7.2g)

カロリー:220kcal(36.7kcal)

糖質:14g(2.3g)

脂質:14g(2.3g)

たんぱく質:10g(1.7g)

低糖質チョコBNRGパワークランチチョコラットの栄養成分など

その他の成分

ダークチョコレート(砂糖、無糖チョコレート、ココアバター、大豆レシチン、天然バニラ)、プロトホエークリスプ[プロトホエイ(極端に加水分解されたホエイタンパク質画分[55%のジおよびトリペプチド]からのマイクロペプチド、大豆レシチン、乳タンパク質単離物、タピオカデンプン、炭酸カルシウム、塩、天然香料]。

アレルギー情報:ミルク、大豆(レシチン由来)を含みます。この製品は、ピーナッツ、ナッツ、小麦を処理する装置で製造されています。

出典:https://iherb.co/cMySz7g

 低糖質チョコ(チョコラット)のおすすめポイント

カロリー控えめ

一般的なミルクチョコ10gあたり56kcal

低糖質チョコ(チョコラット)10gあたり約55kcal

低糖質

一般的なミルクチョコ10gあたり5.1g

低糖質チョコ(チョコラット)10gあたり約3.5g

グルテンフリー

クランチたっぷりですが、小麦粉不使用です!

たんぱく質

一般的なミルクチョコ10gあたり0.7g

低糖質チョコ(チョコラット)1本あたり10g

低糖質チョコ(チョコラット)の評価

美味しさ:★★★☆☆

→普通のチョコとして美味しいですが、比べるとシリーズの

ミルクチョコの方が私は好きでした。

ミルクチョコのレビューはこちら

くちどけ:★★★☆☆

→ガーナなどと比べると…という感じですが、

輸入のチョコという感じで可もなく不可もなくです。

満足度:★★★★☆

→ダイエット中にチョコが食べられる!という満足感と、

クランチのざくざく食感で満足感が高いです。

量も多くて満足できました。

いかがでしたでしょうか、ダイエット中にも安心して食べられる、

おすすめな低糖質チョコのレビューでした。ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク