【保存版】リンツチョコレート(Lindt)リンドールなどのカロリー糖質ランキング

今回は、あの有名チョコブランドのチョコよりも美味しい?!と人気急上昇中のリンツ(Lindt)のチョコレートをはじめ、代表的な商品であるリンドール(Lindor)やチョコレート各種のカロリーや糖質について調べてみました。(2018.2更新)




ダイエット中でも食べたいチョコレート!

中でもリンツのチョコレートは個人的はゴディバよりも好きです。

こっくり濃厚でどっしりしているのに、口の中でトロっととろける

チョコレートで、最高においしい!

特にリンドールは、一粒から自由に手に取って選んで買える楽しさと、

見た目の可愛さもあって、ダイエッターながら最近ドはまり中です。

ふと、カロリーが気になったのですが、

公式オンラインショップHPでは非公開との事なので、

日本の総輸入元六甲バターさんのHPから調べられるだけ調べて

見やすいようにカロリーをランキング形式でまとめました。

リンドールのカロリー

リンツのチョコレートの中でも一番のおすすめ♡

代表的なのはリンドール。

固めのチョコレートの中にとろけるフィリングが入っています。

毎回ほっぺたが落ちるんです♪

リンドールのカロリー(1粒あたり)ランキング

※スマホは横にスライド→

重さ(g) カロリー(kcal) 炭水化物(g)
ミルク 12 74 7.17
ストロベリー 12 74.6 非公開
キャラメル 12 75 非公開
ヘーゼルナッツ 12 75.6 非公開
ココナッツ 12 75.8 非公開
シトラス 12 76 非公開
ホワイト 12 76.6 非公開
エキストラビター 12 76.6 非公開

※六甲バターHP(http://www.qbb.co.jp/)を参考にさせていただきました。

赤いミルクのリンドールをはじめ、愛らしく、華やかな包みでおなじみのリンドールは、リンツ一番人気のチョコレートです。 上質なチョコレートで出来た繊細なシェルを破ると、この上なくなめらかなフィリングがお口の中で甘美に溶け始め、世界中の人々を虜にしてきました。
リンドールの楽しみは、その豊富なフレーバーのバリエーションにもあります。リンツのお店では、定番の約20種類のリンドールに加え、季節限定のフレーバーや包みのリンドールが登場します。 出典:http://www.lindt.jp/

一粒づつ綺麗な個包装になっていて、フレーバーが豊富。

味ごとに色違いのキラキラなキャンディー包みになっていて、

見た目もキュート。

何よりショップで買うと、一粒づつ自分で好きな味を、

好きなだけ袋に詰めて計り売りしているのです。

自分へのご褒美、ちょっとした贈り物やバレンタインにもおすすめです。

こんな感じ♡見るだけでもテンション上がってしまいます。





ちなみに、私の一番おすすめは赤い包装のミルク♡

リンツの店舗に行くと、試食を出してくれることがあるのですが、

なんと一粒まるごといただけるんです!

あまりの美味しさについつい、

予定よりたくさん買ってしまいます。

リンツショコラカフェの思うつぼです。(笑)

エクセレンス(板チョコ)のカロリーランキング

リンツと言えば、ハイカカオシリーズの板チョコ、

エクセレンスシリーズも有名です。

個人的には、70%~85%くらいが食べやすいです。

99%の板チョコはカカオそのものに近い感じなのか、甘さもあまりなく、

もはや私の知っているチョコレートではありませんでした(笑)

ハイカカオチョコはカカオの%が上がるほど、

脂質が高くなりカロリーも上がります。

糖質は非公開ですが、ほかのメーカーのものを見ると%が

高いほど低くなる傾向になるようです。

カカオの%が上がるほど、カロリー上がり、糖質は下がる感じです。

ハイカカオシリーズ(カカオ分パーセンテージ別)

リンツのハイカカオな板チョコのカロリーです。

※スマホは横にスライド→

重さ(g) カロリー(kcal)
70%カカオ 100 520
78%カカオ 100 582
85%カカオ 100 584
90%カカオ 100 592
99%カカオ 50(100) 295(590)

※六甲バターHP(http://www.qbb.co.jp/)を参考にさせていただきました。

トップにたつ正統派のチョコレート。リンツのエクセレンスシリーズは、チョコレートの本質を極めたチョコレートです。

出典:http://www.lindt.jp/

エクセレンス板チョコシリーズ

※スマホは横にスライド→

重さ(g) カロリー(kcal)
ピンクグレープフルーツ 100 510
ストロベリーダーク 100 524
エキストラクリーミー 100 567
ホワイトバニラ 100 571

板チョコ(タブレット・バー)のカロリー

ビタースイートサーフィン

重さ(g) カロリー(kcal)
100 520

※1枚あたり

※六甲バターHP(http://www.qbb.co.jp/)を参考にさせていただきました。



出典:http://www.qbb.co.jp/

スイスクラッシック

重さ(g) カロリー(kcal)
ミルク 100 535
ホワイト 100 565

※1枚あたり

※六甲バターHP(http://www.qbb.co.jp/)を参考にさせていただきました。

出典:http://www.qbb.co.jp/

レ・グランデ

重さ(g) カロリー(kcal)
ダーク

ヘーゼル

150 859.5
ミルク

ヘーゼル

150 880.5
ホワイト

アーモンド

150 909

出典:http://www.lindt.jp/

クリエーション




重さ(g) カロリー(kcal)
フォンダンショコラ 100 535
マカロン

バニラ/

ストロベリー

100 548
クレームブリュレ 100 581

※表記は1枚あたり。

※マカロンバニラとマカロンストロベリーは同じカロリーです。

※一部、六甲バターHP(http://www.qbb.co.jp/)を参考にさせていただきました。

出典:http://www.qbb.co.jp/

エキストラシン

薄くて小さめ(ほぼ一口サイズ)正方形のチョコレートが箱詰めされています。

独自のパリパリ食感が楽しく、もちろん美味。

重さ(g) カロリー(kcal)
ビタースイート 125 681
オレンジ 125 681
ミルク 125 688

※1箱あたり

※六甲バターHP(http://www.qbb.co.jp/)を参考にさせていただきました。

出典:http://www.qbb.co.jp/

ミニプラリネ

重さ(g) カロリー(kcal)
ミニプラリネ 100 533
ミニプラリネ 180 959

※表記の数値はひと箱あたりのカロリーとなります。

■ プラリネ ■
季節の贈り物におすすめのボンボン ショコラ。
それぞれコーティング・フィリング・食感のちがいを楽しめるバラエティ豊かなミルク、ダーク、ホワイトチョコのアソートギフト

ギフト・ホワイト&ゴールド

重さ(g) カロリー(kcal)
ホワイト&ゴールド 250 1388

※1箱あたり

※六甲バターHP(http://www.qbb.co.jp/)を参考にさせていただきました。

出典:http://www.qbb.co.jp/




リンツのチョコレートはどこで買える?

公式オンラインショップの他、全国に店舗があります。

リンツショコラカフェや、リンツショコラブティック。

東京だと銀座、渋谷、表参道、自由が丘、吉祥寺や池袋等にあります。

ショコラカフェ等の店舗だと、コストコやカルディ、PLAZASTYLE、

明治屋ストアー、成城石井、紀伊国屋、QUEEN’SISETANでも

購入できるそうです。(http://www.lindt.jp/contents/shop/ 2017.9調べ)

リンツリンドールの味は?

皆さんご存知でしょうか?

リンドールは原産国がスイス、イタリア、アメリカ製

のものがあるんです。

コストコやネットストアでお買い得になっている商品は、

ほとんどがアメリカ産、リンツショコラブティックや

成城石井のものはスイス産でした。(2017.10mimi調べ)

アメリカ産のリンドールは、スイス産の半額程で買えます。

スイス産のリンドールの値段は、量り売りで1粒大体100円前後です。

スイス産とアメリカ産のリンドールの違いは、

①温度管理や品質管理の徹底度が全く違うのだそう

(スイス産の方が厳しいらしい)

②くちどけがややスイス産の方が良いそうです

私はコストコのものは食べたことがないのですが、

因みに軽井沢と入間のアウトレットで半額になっていたリンドール

は表示はスイス・イタリア・アメリカと併記されていましたが、

いつものスイス産の美味しさでしたよ。購入時の参考に。

まとめ

リンドール:

一個あたりの重さ12g、カロリーは平均して80kcalほどです。

板チョコ(タブレット・バー)シリーズ:

一枚あたりの重さ100g(カカオ99%のみ50g)、

カロリーは平均して500~600kcalほどです。

傾向として、ホワイトチョコレートのカロリーが

ミルクチョコやビターチョコと比べてややカロリーが高めでした。

今回は、スイスのプレミアムチョコレートブランドである、

リンツのチョコレートのカロリーについてまとめてみました。

リンツのチョコレートは口どけ滑らかで濃厚。まさに至福の味。

特にリンドールは一粒から手軽に購入できて、見た目もおしゃれ!

袋も無料・プレゼント用の有料タイプが選べます。

無料の透明な袋でもちゃんとロゴが入っていて素敵です♡

一粒からでもちゃんと包装して保冷剤も無料でつけてくれます。

全体的に店員さんの接客も丁寧で良い気がします。

チョコレートを作る際のこだわりや丁寧さが、

ちょっとしたサービスにもにじみ出ていると感じられるので、

リンツのチョコレートは大切な人への贈りものにもピッタリ。

自分用のちょっと贅沢なご褒美おやつ(ダイエット中のチートデイにも♡)

お礼や引き出物、プレゼント、バレンタインにも…

超絶おすすめです!!!という訳で、

カロリーも参考に、ぜひぜひリンツショコラブティック

(軽井沢や入間などアウトレット店舗もあります。かなりお買い得商品も!)

を覗いてみてくださいね。

カロリー情報は分かり次第、随時追加更新していきます。ではまた!

スポンサーリンク